フロアー&設備案内

こちらのページはサロンをご利用くださいました皆様方のご紹介のページです。
情報交換、発信の場としてお役に立て頂ければ幸いでございます。参加は自由です。
掲載ご希望の方は記入シートファイルを保存後、必要事項をご記入の上、
シート内掲載アドレスまでご返送ください。
多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げております。

記入シート(Microsoft Word )

2015年の催し
2017年2016年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年
長唄絵合せ 浮世絵を三味線と踊りで愉しむ
「UKINE 旗揚げ公演-第1回 江戸音風景-」 
日時 : 2015月12月18日
出演: 出演:UKINE
杵屋徳桜 様(三味線) 
立花志穂 様(日本舞踊) 
東音 丸山登紀子 様(唄)
和歌山香奈江 様(三味線) 
横山實 様(国際浮世絵学会理事)
番組: 横山コレクション 栄之、廣重、國芳らとともに
解説 浮世絵のお話し
長唄 都風流 みやこふうりゅう
舞踊 俄獅子 にわかじし
クリックで拡大できます

*

ヨーロピアン・フラワー・アレンジメント サロンドサラの花クラス
12月10日のフラワーアレンジメントの作品です。
♬オレゴンから届いたモミの枝のリースです♬
クリックで拡大できます

*

プライベートレッスン講師の井上京子先生がファーストアルバムを発売

「星巡りの詩」
~天つ風 ささらぐ水のように 唯一無比の歌声で綴られたアンソロジー~

♪京子先生から・・・
1年をかけて作りました。10曲は 私の作詞作曲、3曲はカバーです。
アレンジ&サウンドプロデュースは、長年芸能界で活動なさってきた宮崎明生さんです。
物作りの楽しさ、大変さをしみじみと感じた1枚です♪

甘くて優しい京子先生の歌声は、スーッと心に響きます。
クリスマスの聖夜にも似合う1枚と思います♬是非お聴き下さい。

井上京子メランジェ通信 http://www.geocities.jp/kyokosong514/

クリックで拡大できます

*

響きの庭 op.4(告知)
柔かく静かな響きに耳をすませて 
 音楽のお庭を散歩してみませんか。
日時 : 2015月11月1日
出演 : 大津直子様(ヴァイオリン)、益盛秀子様(ピアノ)、森本ひとみ様(お花)
クリックすると
大きくなります

*

ヨーロピアン・フラワー・アレンジメント サロンドサラの花クラス
10月のフラワーアレンジメントは、「深まりゆく秋の彩りアレンジメント」でした。
クリックで拡大できます

*

「全盲、奇跡の歌姫」若渚ちゃん東京コンサート2015
全盲の若渚ちゃん、2020年のパラリンピックで、
1500mでの出場を目指して頑張っています。
日時 : 2015年9月13日
出演: 上田若渚様 ピアニスト:片瀬輝彦様 
テノール:川瀬幹比虎様
クリックで拡大できます

*

ヨーロピアン・フラワー・アレンジメント サロンドサラの花クラス
8月のフラワーアレンジメントは、
アーティフィシャルフラワー「涼しさを感じるハンギング」でした。
クリックで拡大できます

*

ヨーロピアン・フラワー・アレンジメント サロンドサラの花クラス
6月11日のフラワーアレンジメントは、「爽やかに梅雨を飾る」でした。
クリックで拡大できます

*

音楽と語りのための物語「月夜と猫のラプソディ」
CDと絵本 発売記念コンサート&交流会
ハートフルな音楽をお届けする「デュオ ルクレール」と、
素敵な作家・YURICOさんとのコラボレーション!
日時 : 2015月6月6日
演奏と朗読: サックスとピアノのロマンティックサウンド「デュオ ルクレール
(サックス:松本ひろ実様 、ピアノ:松本修一様)
クリックで拡大できます

*

髙橋正典 シーズンコンサート 第一弾
日時 : 2015月4月26日
出演 : 髙橋 正典様(バリトン)、池沢 由香子様(ピアノ)
クリックで拡大できます

*

小浜まり CD発売記念  Thank you concert ~出会いに感謝~
日時 : 2015月4月25日
出演 : 小浜 まり様(ソプラノ)、八代 三千代 様(ピアノ)
  
クリックで拡大できます

*

ヨーロピアン・フラワー・アレンジメント サロンドサラの花クラス
4月9日のフラワーアレンジメントは、「優しさに癒される花飾り」でした。
クリックで拡大できます

*

ヨーロピアン・フラワー・アレンジメント サロンドサラの花クラス
3月12日のフラワーアレンジメントは、アーティフィシャルフラワー
「あじさいのトピアリー」でした。
クリックで拡大できます

*

ヨーロピアン・フラワー・アレンジメント サロンドサラの花クラス
2月12日のフラワーアレンジメントは「春の訪れ」でした。
クリックで拡大できます

*

トップへ戻る